床仕上げは基本的にバリアフリー

床仕上げ材の下地は基本的にコンクリートで、仕上げ材の厚みはそれぞれの仕上げ材で色々な厚みがあります。

そして厚みにプラスして、施工方法によっては施工の為のスペースが必要になる場合もある。

前回はその床仕上げで検討しておくポイントの中で、そのあたりの内容を説明してみました。

残りはあと少しですが……

・床を貼った後で段差になるのはNG

・コンクリートは工程の序盤になる

・だから事前にきちんとした検討が必要

これらの項目がまだ残っているので、今回は仕上げ材と床表面の段差について考えてみたいと思います。


■床を貼った後で段差になるのはNG

床仕上げ材の厚みは様々だという話は先ほど書きましたが、床が仕上がった状態ではフラットが普通。

これは考えてみれば当たり前ですよね。

ここからは床が石になるので、石の厚み分だけ床が高くなります、とか、そんなことあり得ないですから。

段差が出来てしまうと、それがほんの少しの微妙な段差であればある程、躓きやすくて危険な場所になってしまいます。

いくらデザインが優れていたとしても、人が躓きやすいような場所があるというのは、建物として問題があります。

まあそもそも床の表面に段差が見えてしまうような部分は、デザイン自体も優れているとは言えませんが……

少なくとも建物を利用する人の安全を考慮していない建物は、デザイン云々以前の問題があると私は思っています。

そうならない為に、どんな床仕上げ材を採用するにしても、表面は段差なしの状態にしておく。

これが、まあ当然ですけど建築のプロとして最低限やるべき事です。

 

■バリアフリーを守る為に

床仕上げ材で何を採用したとしても、表面はそれを感じさせないようにフラットな状態でなければいけない。

これは確かに普通のことですが、建物を設計したり施工をする側としては、その普通を守る為に色々な検討が必要なんです。

床仕上げ材の厚みがどうだとか、納まりはどうなのかなどを事前に検討しておいて、仕上げ材を施工する段階でフラットになる。

そんな下地を作る為に、事前に図面でどうなるかの検討をしておく必要がある、ということです。

これは床仕上げ材の納まりを検討する上で、非常に重要なポイントになってきます。

なぜかというと、場合によっては床仕上げ材が異なる部位によって、下地のレベルを変えなければならないからです。

特にここ最近は、車イスの通行に困らないように、バリアフリーが当然だという認識になっています。

誰でもその建物を利用することが出来るように、というポリシー自体は良いことなんですけど……

納まりを考える際には、そのバリアフリーを実現する為に、図面の検討段階で結構苦労をするんですよね。

余程のことがない限りは床に段差を設けない。

この鉄則を守ろうとすると、色々なところに気を遣う必要があって、なかなか大変な部分もあったりします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ