床仕上げを検討するタイミング

床仕上げ材によって厚みと施工の為の寸法が違っていて、それでも仕上げ材の表面はフラットになっている必要がある。

こうしたバリアフリーの状態を実現する為に、まずは図面上で色々な検討が必要になってきます。

まあこれは基本的に設計ではなく、施工段階で細かい検討をする部分ではありますが……

コンクリート床レベルや梁レベルにも影響を与えるので、ある程度は検討をしておく必要があります。

設計段階である程度の検討が出来れば、施工段階ではそれを具体的にいくつにするのかを決めるだけで済みます。

それが一番スムーズなやり方じゃないかと思います。

それが出来ていないと、床レベルを下げる必要が発生して、それに付随して梁も下げる事になったりします。

そうすると、下げざるを得なかった梁が下がり過ぎてしまい、下階に梁型が見えてしまうなど、他の部分にも影響が出てしまいます。

そうならない為にも事前の検討が必要なので、そのあたりは図面上でサッと済ましておくことをお勧めします。

・コンクリートは工程の序盤になる

・だから事前にきちんとした検討が必要

あと残った検討項目は二つですが、最後の一点は読んで頂ければ分かるように、ほぼ結論を書いているだけ。

今回で説明は終わると思うので、あと少しだけお付き合いお願いします。


■コンクリートは工程の序盤になる

床仕上げ材によって厚みや納まりが違うけれど、最終的には段差がほぼない状態に仕上げる。

こうしたバリアフリー状態にすることが、設計段階でも施工段階でも求められる訳です。

床仕上げ材によって床下地コンクリートのレベルは違い、表面は基本的にフラットが求められる。

まあビニル床シート2.5mmと、タイルカーペット6.5mmをフラットにするのかという話はありますが……

それはもう少し後で詳しく書くことにします。

要するに、床の下地であるコンクリートのレベルは、床仕上げ材が何かで決まってしまう、ということです。

床仕上げ材をタイルカーペットから石に変えたいというのは、設計段階でも施工段階でも時々あること。

でもそれを実現する為には、床のコンクリートレベルを下げて施工をする必要があります。

それが設計段階であれば全然問題なく実行出来ますが、施工段階になるとそれが非常に難しい場合も多いです。

 

■だから事前にきちんとした検討が必要

設計段階であれば、納まってさえいればればという条件は付きますが、床レベルを変える事は可能です。

その為に設計図を少し修正するくらいの話です。

でも施工段階に話が進んでいる状態では、どこまで施工が進んでいるかによって、それが不可能になることもあります。

まだ床を仕上げていないから、変更をしても良いんじゃないのか。

そう思ってしまいがちですけど、それは素人の発想でしかなくて、実際にはコンクリートを施工する前に決定が必要なんです。

もう少し具体的に言うと、下階の立ち上がり型枠工事が始まってしまったら、何の影響もなく変更することは不可能。

どうしてもということで、無理矢理変更することは不可能ではないですけど、各所に色々な影響が出てしまいます。

例えば加工した型枠を作り直したりとか、施工の工程に影響が出るような変更になってしまう訳です。

そういう残念な状況になってしまわない為にも、出来るだけ事前に床仕上げの納まりについての検討をしておくべき。

……と、床仕上げのポイントはこのくらいですね。

あとはそれぞれの納まりについて、それぞれの項目でもう少し説明をしていくことにしましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ