床塩ビシートの特徴

床仕上げ材で最も一般的な床塩ビシートについて、前回はまず呼び方をどうするかについて色々と書いてみました。

説明をする際には、説明をする対象の表現をある程度統一しないと、何を言っているのかが分かりにくい。

そういう状況にならない為にも、まずは表現を「床塩ビシート」に統一する事にしました。

私が今まで経験してきた中では、長尺シートという表現が一番多かったような気がするので、それでも良かったんですけど……

正直言ってちょっと分かりにくいと感じたので、長尺シートではなく床塩ビシートにしておきました。

まあ結局はどちらでも問題はないんですけどね。

とまあそんな話はともかくとして、問題は仕上げ材の特徴と納まりなので、話を進めていきましょう。

まずは床塩ビシートの特徴について考えてみることにします。


■仕上げ材としてのグレード

このカテゴリで取り上げる床塩ビシートが、床仕上げ材としてどんなグレードなのかというと……

まあ正直なところ、あまり高いグレードではありません。

採用される部屋としては、バックヤードの廊下とか倉庫とか、スタッフ用便所などでよく使われます。

これらの部屋を想像してみると、何となく床塩ビシートの仕上げ材としてのグレードが分かると思います。

床や壁の仕上げのグレードがあまり高くなくてもOK、という部屋に床塩ビシートは採用される事が多い。

そんなポジションの仕上げ材になります。

ただし仕上げ材のグレードというのは、見た目とかコストだけで判断するものではありません。

他にも掃除のしやすさとか、床の耐久性なども考慮されるので、一概にグレードが低いとは言えない部分もあります。

 

■床塩ビシートの特徴

床塩ビシートの特徴はどんなところにあるのかというと、大体以下のような点が挙げられると思います。

・比較的低コスト

・耐水性に優れている

・材質はやや硬め

・厚みが2mm程度と薄く施工性に優れる

・キズがつきにくくメンテナンスが容易

・耐摩耗性など耐久性に優れる

・デザインの選択肢が広い

・帯電防止や耐薬品などの性能を付加出来る

コスト的なメリットがあって施工性が良く、さらに耐久性に優れるというあたりを見ると、かなり機能的な仕上材だということが分かります。

しかしその一方で、柄などのデザインが豊富とは言え、高い意匠性を持っているとは言えない部分があります。

材質が硬質であることも含めて、例えばリビングで積極的に使いたくなるような仕上材ではない、というイメージです。

もちろん仕上材にはそれぞれ良い所があります。

床塩ビシートには、カーペットが持っている意匠性がないからダメだとか、そう言うことではありません。

意匠性は劣るかも知れませんが、カーペットが持っていない特徴を持っているので、使いたい部屋はたくさんあるはずです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ