施工の都合も少し考えてみる

床塩ビシートの基本的な納まり断面図がどのようになるのか、という話を前回は取り上げました。

2mm~3mm程度という薄さで、比較的柔らかい床塩ビシートを下地に接着剤で貼っていく。

そんな材料の特徴ですから、建築の納まりとしてはそれほど難しい部分はないと思います。

下地がしっかりしていれば……という条件が付きますけど、その条件を満たしていればそこに貼っていくだけ。

こうしたシンプルさも施工性の良さにつながっていて、床塩ビシートが採用される要因にもなっています。

ただ、機能的な床仕上材という理由から、採用される部屋も多くなる傾向にあるので、最初に基本納まりを決めておく必要はあります。

難しい納まりではないとは言っても、それが何も考えなくても済むという話になる訳ではないですから。

簡単な納まりの中にも、基本方針の決定は必要になるので、まずはそこをきちんと押さえておくことをお勧めします。

床塩ビシートの範囲が多いと言うことは、間違った下地位置にした場合に、それを修正する手間が大きくなります。

仕事の効率化という観点からすれば、最初の決定を失敗した結果、後で全部修正が必要になる状況は避けたいところ。

ということで、今回は床塩ビシートの基本的な納まりで気をつける部分を色々と挙げていきたいと思います。


■基本ルールでは

床塩ビシートは、先程も説明しましたが、下地のコンクリートに直接貼り付けていく納まりになります。

これはシンプルで良いんですけど、気をつけておきたい点が、コンクリートの天端レベルをどうするか、という部分。

床のレベルというのは、基本的に各フロアで設定されている「FL」になることがほとんどです。

最終的な仕上でそうなるようにFLを設定する訳ですから、まあこれは当たり前の話ですが。

と言うことは、2mm~3mmの厚さを持つ床塩ビシートの場合、下地のコンクリートスラブをどのレベルに設定するか。

これが問題になる訳です。

床塩ビシートを貼った状態で仕上天端がFL±0になる場合には、下地のコンクリート天端はFL-2などになります。

図面の計算上は、という条件が付きますが、こんなイメージです。

 

FL=仕上げ面の場合

 

床仕上材の天端でFL±0という考え方であれば、上図の考え方が正解になるしかありません。

 

■現実を考えると……

でも、これはあくまでも図面上の話であって、実際の工事でそれが出来るのかという話もあります。

コンクリートスラブを打設する際に、コンクリート天端をFL-2にする、というのは結構難しいんですよね。

もちろん可能ではありますけど、床仕上材の厚みは2mmのものだけではないので、それが問題なんです。

床仕上材ごとにコンクリートのレベルを決める場合、FL-2だけではなくFL-3とかFl-6.5などが出てきます。

コンクリートスラブの施工をする際に、コンクリートに1mmの段差を付けるとか、4.5mmの段差を付けるとか。

それは図面では簡単に出来ますけど、実際にはそんなことは出来ません。

そうすると、とりあえずコンクリート天端をFL±0に設定しておき、床仕上材の厚みは考慮しない、という考え方も出来ます。

こんな具合に。

 

FL=con天の場合

 

まあこれは施工側の都合をメインに解釈したもので、厳密に言えばやっぱりFL-2が正解なんですけど。

実現できないことを図面に盛り込んでもあまり意味がないので、現実的な視点も必要になる場合がある、ということです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ