セルフレベリング材も検討する


床塩ビシートを貼る為の下地として、コンクリートスラブのレベルをどのように設定するか。

律儀にFL-2をコンクリート天端とするのか、現実的な施工精度なども考えてFL±0に設定するか。

まあ最終的にはどちらも仕上がりは変わらないんですけど、設計図をまとめる際には基本的な方針を決めておいた方が楽です。

こうした方針を最初に決めておくと、後で手戻り的な修正がなくなるので、業務が効率的に進みます。

もちろんそうした検討項目に対して、自分が決定権を持っていない場合も多々あるとは思います。

その場合は、決定権がある人に考えられる案を提示して、その人に決めてもらうのがベストです。

だれがこの納まりを決めたの?

特に若い方の場合は、そんな感じのことを言われることが結構あるんじゃないかと思います。

その時に名前を出して威力がある人に決めてもらう。

まあこれはちょっとサラリーマン的な話でイヤですけど、自分の身を守るのも大事なことです。

どうせいずれかの方針で決めなくてはいけないのなら、ジャッジできる人を味方に付けておいた方が良いですよね。

とまあそんな保身の話はさておき……

今回は、コンクリートの天端レベルを決める際に、もうひとつ考えておくべきことについて書いてみます。


■下地の影響を受けやすい

コンクリートスラブの下地に接着剤で貼っていく、というのが床塩ビシートの一般的な納まりになります。

下地であるコンクリートに直接貼る訳ですから、二重床などの下地を設けるよりも施工手間は少なくて済む。

これが直貼りのメリットなんですけど、施工手間が少ないと言うのは何も良いことばかりではありません。

下地に直接貼ること = 下地の状態に大きく影響を受ける ということになってしまいます。

なので、下地であるコンクリートスラブの天端がどれだけ平滑になっているか、という部分がかなり重要になります。

あまりにも精度が良くない下地にそのまま床塩ビシートを貼ると、仕上がった時に「え?」と言いたくなる状態に。

これは結構悲しいです。

特に長い廊下を端から見た時とか、光を反射するような場所などでは、床の凹凸は結構目立ってしまうんです。

 

■セルフレベリング材

そんな悲しい状態にならない為にも、施工側に床の天端レベルをキッチリと施工してもらう訳ですが……

どうしても床塩ビシートを平滑に仕上げたい場合には、セルフレベリング材の採用を検討するという手もあります。

セルフレベリング材というのは、打設済みのコンクリートスラブ上に流しこむ流動性の高い材料です。

流動性が高くてある程度素早く硬化する為、コンクリートに比べると高い精度で平滑な面を作ることが出来ます。

鍋に入れたカレーよりも、鍋に入れた味噌汁の方が流動性が高いので、何もしなくても鍋の表面は水平になりますよね。

カレーはちょっとドロドロしているので、その状態で表面を完全に水平にするのはかなり難しいです。

まあちょっと強引な感じですが、カレー=コンクリート、味噌汁=セルフレベリング材という例えでした。

手間とコストは掛かりますが、上手くやれば本当に綺麗な床面が出来上がります。

セルフレベリング材を採用する為には、どんな用意をしておけば良いのか、という話は次回に続きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ