ビニル床タイルの区分について

ビニル床タイルの納まりなどについて説明をするつもりが、「どんな呼び方をするか」に時間を費やしています。

とりあえず呼び方の方針は決まったので、今回からはもう少し具体的な話をしていきますね。

まずはホモジニアスビニル床タイルとコンポジションビニル床タイルの違いから考えてみましょう。

ホモジニアスビニル床タイルとコンポジションビニル床タイルの違いは何かというと、材料の配合率の違いです。

ビニル床タイルの中には、バインダーと呼ばれる、塩ビ樹脂・可塑剤・安定剤などからなる接合材が含まれています。

バインダーの含有率が大きいほど柔軟性の高い床材になりますが、大きすぎるとサイズが均一にならないなどの問題が出てきます。

このバインダー含有率が……

30%以上 : ホモジニアスビニル床タイル

30%未満 : コンポジションビニル床タイル

という関係になっています。

バインダーの含有率とかで区分をするのが良いのか悪いのか、正直言って良くわかりませんよね。

■もっと具体的な違い

先ほど出てきたバインダーの含有率によるビニル床タイルの区分ですが、それが仕上材にどんな影響を及ぼすのか。

パーセントの話よりもそっちの方が大事ですよね。

含有率の違い以外には具体的にはどんな違いがあるのかというと、一般的には以下のような特徴があります。

ホモジニアスビニル床タイル:意匠性が高め・耐摩耗性、耐薬品性高め

コンポジションビニル床タイル:価格安め・伸縮しにくい・耐荷重性高め

バインダーによる区分もあるんですけど、ホモジニアス系のビニル床タイルは、基本的に複層になっていることがほとんどです。

断面図はこんな状態です。

 

ホモジニアス系ビニル床タイル

 

一方でコンポジションビニル床タイルは単層という構造になっていて、こんな断面形状になっています。

 

コンポジションビニル床タイル

 

この違いが、意匠性の違いになっていて、さらには値段の違いになっている、ということですね。

 

■違いが分からない場合

ホモジニアスビニル床タイルとコンポジションビニル床タイルの違いは、大体こんな感じですね。

ただ、こうした話はあくまでも一般的な話で、メーカーが販売している商品によって様々な特色があります。

これはホモジニアス系だから……とか難しく考えずに、メーカーが記載している性能や特徴を見るのが一番早いと思います。

そして、カタログを見ても分からない場合には、メーカーに電話をして聞いてみるという手もあります。

メーカーは床材のプロですから、きっと親切にそれぞれの商品について教えてくれると思いますよ。

そうして、床材についての知識を蓄えていき、使用する部屋の用途に合わせた品番を選ぶ。

これが一番効率の良いやり方です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ