覚えるべき順番も意識する

前回はビニル床タイルの納まりがどうなっているのか、という話を取り上げてみました。

まあ床下地に直接接着剤で貼る納まりは皆そうですが、非常にシンプルな納まりでしたね。

シンプルな納まりとは言え、仕上げ材の厚みと施工方法を知っておく事は非常に大事なことです。

あまり時間は掛からないと思うので、簡単に覚えてしまい、次のステップに進むことをお勧めします。

コンクリート下地に直接貼らない、少し特殊な納まりとしては、OAフロアに貼るパターンもありました。

こちらは下地のコンクリートレベルを下げておき、その上にOAフロアで嵩上げをした上に仕上げ材を貼るパターンになります。

どちらにしても、特に納まりとしては問題のない仕上げ材なので、納まりで深く悩むことは恐らくないと思います。

また、ビニル床タイルの種類として、コンポジションビニル床タイルとホモジニアスビニル床タイルの二種類を紹介しましたが……

どちらも床下地に貼る納まりなので、材料の構成が違うからと言って特に納まりが変わる訳ではありません。

とりあえずは「ビニル床タイルのは大まかに二種類あるんだ……」程度の認識で良いと思います。

今回はそんなビニル床タイルの納まりや特徴などについて、簡単にまとめてみたいと思います。


■材料の特徴は後でも

ビニル床タイルの種類による特徴の違いは、知識としてはそれ程重要度の高い情報ではありません。

優先順位としては少し低めという感じで、取り急ぎであればそこまで深く知っておく必要はないと思います。

もちろん深い知識があるに超したことはないので、ここでその知識が無駄になるとは言いませんけど。

それでも、物事には優先順位があるので、簡単に全ての情報を覚えることなんて誰にも出来ません。

ビニル床タイルについて、コンポジションビニル床タイルとホモジニアスビニル床タイルの違いを知る。

この優先順位は少し低めなので、余裕があれば覚えておく程度で良いんじゃないかと思います。

ここを突き詰めるくらいならば、他の仕上げ材についての知識を持つ方が効率的な場合もある訳です。

そのあたりのバランス感覚は、覚える側がある程度コントロールしていかなければならないことです。

まあこう書くことは簡単で、実際にそうしたバランスを取りながら知識を吸収していくのは難しいですけど。

 

■特徴の簡単なまとめ

ビニル床タイルの基本的な特徴を簡単に表現すると、バリエーションが豊富で比較的安価という感じになります。

施工性や仕上げ材としての性能は悪くないので、豊富な柄などを考えると、採用される場面は結構多いはずです。

ビニル床タイルを積極的に採用するかどうかは、結局は設計者の考えとコストにもよりますが……

特にビニル床タイルが嫌いという設計者も多くないと思うので、目にする機会は多いんじゃないかと思います。

材料として安定しているという点も微妙に大きいので、そのあたりも考えると使い勝手の良い床仕上げ材と言えるでしょう。

納まりを考えるのも楽だし、という理由も多少はあると思いますけど。

とにかくビニル床タイルを目にする機会は多いはずですから、どんな納まりになるかをまずは把握しておくことをお勧めします。

ということで、ビニル床タイルについてはひとまずこれで終わりますね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ