タイルカーペットの用途とグレード


タイルカーペットには貼る方向があって、その向きによって同じ製品であっても見映えは少し変わってきます。

一般的には市松貼りが多く採用されますが、流し貼りを好む設計者が多く、見映えも良いので捨てがたいところです。

あとは施工する部屋のグレードとか、タイルカーペット自体のグレードなども考慮して、どんな貼り方にするかを決める。

前回まででそんな話をしてきましたが、タイルカーペットの貼り方についてはこれで大体OKだと思います。

後は同じグレードの製品の中で、色が違うものをアクセントとして採用したり、大きく2系統の色に分けたりなど。

設計者のアイデア次第で貼り方は色々な可能性を秘めていますので、部屋の用途にあわせた設計をしていきましょう。

ということで、タイルカーペットの貼り方についての話は、そろそろ終わりにしておき……

今回はタイルカーペットのグレードにつて考えてみることにします。


■タイルカーペットのグレード

これはタイルカーペットの中でどんな商品を選択するのかによって、少し変わってくるものではありますが……

床仕上げ材のグレードとしては、ビニル床タイルよりもやや高いくらいのポジションじゃないかと思います。

床塩ビシートよりもグレードは高く、ビニル床タイルよりもグレードが高い、という感じの床仕上げ材です。

例えば事務室でOAフロアになっている場合、床がビニル床タイルであれば完全にスタッフ用みたいなイメージです。

だけど同じ事務室でも床仕上げ材がタイルカーペットになっていると、お客さんが訪問するような事務室かも、と感じます。

もちろんこれは私の個人的なイメージでしかありませんが、そんなニュアンスの違いが、仕上げ材のグレードの違いを表しています。

もちろん柄や厚みなどによるグレードは色々で、スタンダードタイプの見映えはそれほど飛び抜けて良い訳じゃないですけど。

ホテルなどで使われるタイルカーペットは、やはりそれなりのグレードを感じさせる製品が採用されたりします。

 

■採用される施設

良く採用される建物の種類としては、先程も書きましたがホテルとか、あとはオフィスビルなどですね。

病院の待合いなどで採用すると、クッション性が高くて暖かみがある仕上げ材だから良いような気もします。

しかし建物の性質上、子供が多く訪れる場所でもあるので、なかなかタイルカーペットは採用しにくいのが現状です。

やっぱり子供というのは、どうしてもジュースとかお菓子などをこぼしてしまいますから。

やはり拭き取りにくいタイルカーペットよりも、拭き取りやすいビニル系の仕上材が採用されることが多いですね。

いくら竣工した時点では綺麗な床であっても、ジュースをこぼした染みが残るようでは台無しですからね。

ちなみにタイルカーペットは1枚が50cm角なので、汚れたところだけを新しいものに変えることも出来ます。

全体を交換することを考えると、はるかに簡単でなおかつ低コストな交換方法ではありますが……

廻りの床が古ければ古いほど、新品と今まで使っていたモノとのギャップが大きくなってしまいます。

同じ品番であっても私用した時間によってそれなりにギャップがあるので、そこだけ交換も微妙なんですよね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ