カーペットの基本納まり断面図


床仕上げ材のひとつ、カーペットが持っているメリットとデメリットについて今まで説明をしてきました。

素材が持っている特徴がそのままメリットになり、逆にデメリットにもなってしまう訳ですが、まあだからこそ特徴と呼ぶのでしょう。

欠点があるからダメとかそういう話ではなく、それぞれの特徴にあった床仕上げ材を選定する。

これが設計者に求められる仕事です。

さて、仕上げ材の選定をする為に必要な、仕上げ材の特徴については前回までの話で終わりました。

今回は最後になると思いますが、そんなカーペットの納まりにはどんなパターンがあるのか、という点を考えてみます。


■カーペットの納まり

最後にカーペットの納まりですが、ビニル床シートやタイルカーペットに比べると、少し厚みがある納まりになります。

だからこそ柔らかさが出るんですね。

まあ基本的な納まりの方針はそれほど変わらず、下地コンクリートに貼っていくということになりますが。

それでも厚みが大きい場合もあるので、下地コンクリートにカーペットを貼る場合には、ある程度考慮しておく必要があるかも知れません。

カーペットには、クッション性を考慮して下地にフェルトを敷き込む場合がありますが、その場合は以下のような納まりになります。

 

カーペットの納まり(フェルトあり)

 

これがカーペットの一般的な納まりになります。

 

■フェルトの有無を考える

ただ、部屋の用途によっては、素足で歩行する場所ほどのクッション性が必要ない場合もあります。

その場合には、下地の上にフェルトを敷かないで、コンクリート直にカーペットを敷くこともあります。

こうした仕上げは、素足で歩行するのではなく、オフィスなど常時靴を履いているような場所で採用されます。

その場合は下図のようになります。

 

カーペットの納まり(フェルトなし)

 

素足で歩行することが前提になるような部屋であれば、やはりフェルトは敷いた方が良いと思います。

フェルトがない分だけ仕上材としては厚みが少なくなり、納まりとしてはよりシンプルになります。

しかし当然のことですが、フェルトの有無いよってカーペットのクッション性や静かさなどは大きく変わります。

もちろんフェルトなしの方が価格的には有利ですけど、そこを切り詰めるべきかどうかは難しいところ。

フェルトを敷かないとカーペットの特徴は充分に発揮されないので、個人的にはあまり直貼りはお勧めできません。

そこまで倹約するのなら、別にタイルカーペットで良いんじゃないか、と思ってしまうんですよね。

長くなってしまいましたが、カーペットの納まりについての話はこれで終わりです。

次回は床を塗装する場合について考えてみたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ