敷きモルタルなしで納める

前回は床タイルの一般的な納まりと、下地のコンクリートスラブを下げておくことについて説明をしました。

下げておいたスラブの上に敷きモルタルを施工して、その上に床タイルを貼っていく、という手順です。

なぜ敷きモルタルを施工するのかというと、ひとつには、そのほうが下地の精度が高いからという理由があります。

コンクリートスラブの天端を決められたレベルで平滑に施工するのは、実際はかなり大変なことなんです。

図面の世界では、断面図内で2本の直線で表現されるコンクリートですが、現実は直線なんてことはありません。

スラブの上に水が溜まっている状態を見たことがあればイメージ出来ると思いますが、結構デコボコしてるんですよね。

その上に直接タイルを貼るというのは、精度の点から考えると結構キツイことなんです。

図面ではうまく行きそうな気がするんですけどね。


■敷きモルタルなしの場合もある

ただ、敷きモルタルを施工しないで床タイルを貼るのは、難しいとは言え不可能ということではありません。

場合によっては敷きモルタルを施工せず、コンクリートスラブのレベルを一発で決めることもあります。

納まりとしてはこんな感じです。

 

コンクリート直張り

 

貼付けモルタルは5mm~10mm程度とし、タイルの厚さは採用した製品によって変わりますが10mm前後。

なので、コンクリートは15mm~20mm程度下げておけば、直貼りで納めることが出来ます。

断面を描いている時の「こんな納まりで大丈夫かな」と思う不安感は相当なものですが……

少なくとも全く不可能という話ではない。

図面で描くだけなら非常に簡単ですから、タイルの厚みさえ分かっていればこっちの方が良いような気もしてきます。

……というのはきっと、実際の施工を考えずに図面だけでモノを考える側の意見なんでしょうね。

このやり方を採用すると、敷きモルタルを施工する材料と手間がない分だけ、コスト的には有利になります。

しかしそういう有利なやり方があるにも関わらず、なぜ皆が敷きモルタルを施工しているのか。

そんな疑問が浮かんできますが、やはり必要なものを完全になくす事は難しいということでしょう。

敷きモルタルをなくす為には、コンクリートスラブを打設する際に、タイルの厚みをある程度決める必要があります。

だけど実際コンクリートを施工する段階では、どんな厚みのタイルを採用するのかは決まってません。

そうなると、50mm下げておいてどんなタイルにも対応出来るようにしておく、という考え方になってくる訳です。

上手いことタイルが決まれば敷きモルタルをなくすことが出来るけど、分厚いタイルになったらどうしようもない。

仕事ですからそんなイチかバチかみたいなやり方は出来ません。

そのあたりを考えていくと、コンクリートスラブを少し余裕を持って下げておくというのが現実的な選択肢なんですよね。

また、敷きモルタルをなくして直仕上げをする場合には、コンクリートスラブの高い施工精度も必要です。

ある程度は貼付けモルタルで吸収するとは言え、デコボコした状態のスラブにそのままタイルを貼っていくのは大変なんです。

そうした下地の精度を保つことの難しさと、施工段階でタイルの厚みが分からない状況を考えると……

今回紹介したコンクリート直押えは、今のところはなかなか難しい施工方法だと言えるでしょう。

将来タイルの素材が進化して、薄くて割れない素材が開発された場合には、ビニル床タイルのような納まりになるかも知れませんが。

そうなったらタイルの存在感もなくなってしまうと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ