水勾配の基本と勾配の種類

床タイルは耐水性という特性から、屋外や浴室などの常時水がかかる場所で採用される場合があります。

そういう場所では、床タイルの上に水がかかった際に、排水溝まで水を流す為に勾配をつける必要があります。

水勾配を設けないと、そこには常に水が留まることになってしまい、汚れたり滑ったりなど良いことが全然ありません。

なので、床タイル+水掛かりの部屋もしくは屋外については、常に水勾配を意識しておく必要があります。

正直言ってしまうと、水平距離によって少しずつレベルを変えていくという水勾配は結構面倒です。

しかし水勾配を取らなかった場合には、後でもっと面倒な事になりますので、計画段階でしっかりと検討が必要です。

今回は床タイルで水勾配を取る際に、ちょっと気をつけておきたい点について描いてみたいと思います。


■水勾配の基本

水勾配を検討する際にまず考えるのは「水上(みずかみ)」と「水下(みすしも)」の存在です。

読んだままですけど、水上は床のレベルが最も高い場所で、水下は逆に最もレベルが低い場所。

つまり排水溝がある側が水下になって、最も排水溝から離れている場所が水上になる、ということです。

床タイルの範囲でも、まずはどこが水下になるのかを考えておき、それが決まれば自然と水勾配は決まるはずです。

ただ、その場の思いつきで勝手に排水溝の位置を決めるとか、そういう自由なことは当然出来ません。

もし途中階にある浴室であれば、下階の天井裏に排水管が入る訳ですから、部屋の用途なども考慮しなければいけません。

病院や研究室などでは、超高額な機器がある部屋の天井裏に排水管を入れないとか、そういう検討が必要になってきます。

もちろん建築の構造体である梁の直上に排水管を入れることは出来ないので、そうして検討をしていくと、ある程度水下の場所は限られてくるはずです。

 

■折れ線の存在

また、水勾配の種類には大まかに2種類あって、その考え方によって排水溝のレイアウトも決まります。

水勾配の種類とは、水下を線にするか点にするかという違いで、勾配のとり方がかなり変わってきます。

イメージはこんな感じです。

 

 水勾配のイメージ

これは屋外の話になってますが、要するに排水溝に向かって1方向に流すのか、排水桝に向かって絞っていくのか、という違いです。

排水溝がある場合でも、一直線ではなく直交した形状になっている場合などでは、水勾配も複雑になりがちです。

ただしここで気をつけなければいけないのが、タイルが決まったサイズで硬質な材料だということ。

2方向に勾配を設ける場合には、勾配がぶつかる場所に折れ線が出ることになります。

しかしタイル自体はフラットなので、図面上に描いた折れ線を再現することが難しいんです。

本当にやろうと思ったら、タイルを斜めに切るしかない、という状況になってしまう訳です。

仕上材の特徴を考えると、床タイルを採用する場所では、出来るだけ片勾配にしておく方が納まりが良い。

それが難しい場所もあるとは思いますが、可能であれば片勾配を検討することを当サイトではお勧めします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ