床タイルの納まり-まとめ

床タイルの納まりについて今まで色々と説明をしてきましたが、なんだか話が長くなってしまいました。

ビニル床シートの時はすんなり書き終わったんですけど、項目が進むごとに少しずつ話が長くなってますね。

もう少し簡潔にまとめられるようにしないと……と思いつつ、床タイルについては今回で終了です。

納まりとしてはそれほど複雑ではない床タイルですが、それでも色々と考えるべきことはあります。

特に屋外など水掛かりの部分で使う際には、アスファルト防水なども絡むので、さらに検討項目は増えていきます。

ただ、どんなにデザインが優れている建物だとしても、雨漏りがするような建物では建物失格だと私は思います。

カッコよくて難しい納めをやろうとすると、どうしても水仕舞いで弱点が出てしまいがちなんです。

そういう残念な建物を設計しないように、出来るだけ水まわりには気を使った方が良いと思います。

防水の納まりについてはもう少し後でじっくりと取り上げることにして、今回は床タイルについて簡単にまとめてみます。


■床タイルの検討ポイント

今まで説明してきた床タイルの納まりで検討しておくべきポイントを、もう一度箇条書きにしてみます。

・下地コンクリートスラブのレベル

・製品によるサイズの違い(厚さ・大きさ)

・シート貼りの有無について

・目地の巾について

・実際のサイズと目地込みのサイズ

・タイルの割付をどうするか

・水勾配があるかどうか

タイルの製品によって大きさと厚みが違うので、まずは出来るだけ早い段階で厚みを確定することが大事です。

ただしそれが出来ないことも多いので、どう転んでも大丈夫なように、大きめにスラブを下げておくという選択肢もあります。

平面的なタイルの割付も意匠的には重要ですが、何が何でもタイルをキッチリと割っておく必要はないと私は思ってます。

特に厨房の床を頑張って綺麗に割ったとしても、壁際には厨房機器が隙間なく並ぶ場合がほとんど。

端部にカットしていないタイルが納まったとしても、誰にも見えない状態になる可能性が高いです。

まあだからと言って全く割付をしないのもダメなので、「ある程度」という言葉が一番適している気がします。

割付には目地調整が出来るタイプの製品と、最初から全然目地調整が出来ない製品があって、場合によってはタイル割付が無駄になる場合もあります。

100角タイルはまず目地調整が出来ない、と思っていた方がもしかしたら無難なのかも知れません。

後は水勾配を考慮する際に、折れ線を作ってしまうと、そこでタイルをカットする必要が出てきます。

もちろん三角形にタイルをカットすれば納まりますけど、意匠的にそれで良いのかという問題があります。

斜めにカットしても誰も気にしないから……というグレードの部屋や場所であれば、そもそもタイルを止めても良いんじゃないか。

そういう選択肢もあるので、納まりの検討をする際に頭に入れておくといいかも知れません。

最後にこれは個人的な見解で、少し極端な意見かも知れませんが……

建築の仕事に従事していない人は、タイルの割付なんて誰も気にしていないと思います。

少なくとも私の家族はタイル割なんて見ていません。

建築のプロはタイルの貼り方にも気を使っていてだな……みたいな話をしても反応は非常に乏しいです。

床タイルよりも看板とかディスプレイに自然と目が行きますから、多少の半端タイルは大丈夫なはず。

まあ納まっていない言い訳には出来ないですけど。

ということで、床タイルの納まりついてはこれで終わりにします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ