一般的な間仕切り壁と下地


建物を構成する要素の中で、このカテゴリでは「壁」について色々と書いていくつもりで、前回は外壁と区画壁について簡単に触れてみました。

まずは建物として満たしておくべき最低限の性能、水を建物内部に入れないことが外壁には求められます。

建物の中に入ると雨に濡れることがない、というのは建物を使う側からすれば当たり前の話だと思います。

私も室内で雨に濡れる心配をすることなどないし、そもそもそんな心配をすること自体があり得ないですよね。

そうした「当たり前のこと」は、建物を設計する側や施工する側が、絶対に水を入れないように気を配っているから実現することなんです。

まあプロがやる仕事だから高いクオリティを維持すべく努力をするのは当然のことで、水を入れない建物で満足などしないですけども。

それでも、止水性能を満たす為に色々と頭を悩ませることは結構あって、デザインとの板挟みになる場合もあったりします。

そこで、デザインと性能を両方満たすような建物を考える、というあたりにプロの仕事が必要とされる訳です。

まあ時には大幅な妥協も必要になってきますが、まずはそうした最低限の性能を満たす建物である必要がある、ということですね。

さて、引き続き壁の大まかな種類について説明を進めることにして、今回は一般的な間仕切り壁を取り上げてみましょう。


■間仕切り壁

間仕切り壁というのは、まあいわゆる「普通の壁」で、部屋と部屋を区切るという目的を持っています。

どんな材料で出来ているのかは、建物の構造や用途によって色々ありますが、最も一般的なのは恐らく「石膏ボード」の壁です。

これらの細かい納まりはこれから詳しく説明していきますが、部屋と部屋を仕切るだけが目的であれば、優先順位は以下のようになります。

・出来るだけコストを低く抑えたい

・壁は薄いほうが部屋が広くなって良い

これらを考えると、軽量鉄骨下地や木下地に石膏ボードを張った壁が一般的、という事になってきます。

その石膏ボードの厚みは何ミリのものを使うのか、そして石膏ボードを何枚張るのか、などなど……

一口に「石膏ボードの壁」と言っても、その仕様は色々で、それによって性能やコストは大きく違ってきます。

音を漏らしたくない部屋の周囲を遮音性能のある壁で囲ったり、表面仕上げをが割れにくいようにボードを2枚張ったり。

そうした壁の仕様については後で細かく説明するので、ここではあまり詳しく書くことはしませんが。

まずは床から天井までを壁にして、部屋同士を区切るという目的がある、ということだけを紹介しておくことにします。

 

■下地がまずは大事

今までの説明で、壁としては外壁・区画壁・間仕切り壁を簡単に紹介することが出来ました。

しかしこの内容では建築の納まりを知るという目的は叶わないので、もっと細かい分類で色々と知っていく必要があります。

納まりを知る上で重要なのは、下地としてどういった材料の部材が必要になってくるのか、という部分です。

その下地の上にどんな部材が施工されて、さらに表層にはどんな仕上材が施工されるのか。

そのあたりを色々と知っていれば、建築の納まりを検討する際に、選択肢が多くなってくるはずです。

そうなる為に、当サイトでは色々なパターンの納まりを紹介していくつもりですが、まず今回は概要までの説明で終わりにしておきます。

次回は壁の下地と材質による大まかな区分についてです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ