標準サイズが決まっていると……


あらかじめ細かい図面を作図して検討を行い、その結果決まった寸法で工場製作をかけていく。

そうして出来上がった製品を現場で製作することで、工事はスムーズに進んでいくことになります。

ただしそうする為には色々と大変な部分もありますよ、という話を前回は取り上げてみました。

これはALCや押出成形セメント板に限った話ではなく、全ての工場製作品で同じようなことが言えると思います。

もちろん鉄骨も同じ。

全然知らない工事現場などを見ていると、鉄骨が立ち始めたら一気に建物が出来ていく、という感じがします。

でもそうして鉄骨を建てる前には、納まりを検討する担当者の苦労が色々とあるものです。

そして検討が足りないと、必要な部分に下地やピースが付いていない、ということになって、現場で溶接という残念な話になる訳です。

逆に、きちんと検討が出来ている状態で、適切に工場への発注が完了している現場は、後でかなり楽が出来るはずです。

事前の検討がどこまで出来ているか、という部分が勝負になるので、やっぱり納まりを色々と知っておくことが大事になってきます。

さて、今回はそんなALCや押出成形セメント板についての話を、あと少しだけ続けてみたいと思います。


■寸法は自由なのか

ALCや押出成形セメント板にはどんな特徴があるのか、という話は先ほどの話で既に取り上げています。

それぞれの製品を取り扱っているメーカーのウェブサイトを調べてみると、なかなか良いことが書いてあるんですよね。

軽量・高い施工性・低コスト・耐火性能・などなど、RC壁なんてやってられないと思うくらいの性能があるんです。

もちろんコンクリートにはコンクリートの良さがあるので、それを並べて比較するのは難しいことではありますけど。

そうした特徴を色々と見ていくと、設計自由度の高さについても触れられている場合があります。

様々なサイズのラインナップがあるので、自由な設計が可能です、みたいなことが書いてある訳です。

しかし押出成形セメント板やALCの場合、寸法的な自由度はそれ程高くないというのが私の個人的な感想です。

 

■標準品を出来るだけ使いたい

工場で作ってくるパネルという事ですけど、一般的なパネルのサイズというのはあらかじめ決まっています。

ALCで言えば巾600の製品であり、押出成形セメント板の場合でも、同じように600巾の製品になります。

もちろん600巾だけしかない訳じゃないので、やろうと思えば色々な幅の製品を作ることが出来ます。

しかしコストを考えた場合、出来るだけ標準サイズのパネルを採用した方が有利、という前提条件がある訳です。

例えば壁一面にALCを施工する場合でも、壁の全体を均等に割って560のパネルを作るのは不利なんです。

と言うか、「均等割にすること」みたいなチェックをしたら、メーカーに笑われてしまう可能性が大です。

それよりも、標準サイズの600を出来るだけ使っていき、最後に余った部分で小さめのパネルを入れる方がコストは安い。

そうした常識がある中で、パネルを自由に設計する事が出来るかというと、まあなかなか難しいものがあるんです。

と言うことで、こうした工場制作してくる商品には「標準品」があって、基本的にはそれが前提になる、という話でした。

そうした前提があるので、それ程設計自由度の高さはないんじゃないか、と個人的には思ってしまう訳です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ