木下地壁の特徴とは


建物内部でよく使われる壁の種類であるLGS壁、その特徴とイメージについて前回まで色々と話をしてきました。

私の長い説明よりも、「これです」という写真を見た方が、頭の中でイメージしやすいのではないでしょうか。

LGS壁というのはどんなやり方で施工をしていくのか、その為にはどんなことに気を配っていけば良いのか。

その辺りの知識を持っていると、実際にLGSを建てたり石膏ボードを張ったことがない方でも、問題なく室内の平面図を描くことが出来ます。

こうして説明をしている私自身も、現場でLGSを建てたことなどないので、別に経験がなくても大丈夫。

正しい知識さえあれば。

図面というのはあくまでも机の上で検討した事が書類になっている状態で、必ずしも現場とイコールである訳ではありません。

でも、納まりに関する知識を深めることによって、図面と現場をほぼイコールにすることは可能です。

設計や施工で図面を描く立場にあるプロであれば、そこまでの図面を描くことが出来た方が有利になります。

作図する図面の種類によっては、そこまでのクオリティを必要としない図面もありますが……

それでも知識が全然ないよりも、知識が多い方が有利になるはずなので、色々と覚えておくことは無駄ではないはずです。

さて、LGS壁についての話はこのへんにしておき、今回は木下地の壁について簡単に説明をしてみましょう。


■木下地壁

木下地壁の基本的な考え方と納まりのパターンは、前回紹介したLGS壁とほとんど同じになります。

違うのはその呼び方の通り、下地がLGS(軽鉄)なのか、それとも木なのかという点です。

LGSを建ててそこに石膏ボードを張っていくのがLGS壁、木で下地を立てて石膏ボードを張るのが木下地壁。

壁の呼び方を見ればすぐに分かってしまうことなので、あえて説明をするのも変な感じがしますけど。

しかし、この下地の違いというのは、壁の性能にかなり大きな違いを生むことになります。

基本的に木は燃えやすく、鉄は燃えにくいという特徴があって、その違いが壁の性能に影響を与えることになる訳です。

と言うことで、木下地壁の特徴はこんな感じになります。

・手軽である

・コスト的に有利

・壊すのも比較的楽

・壁が薄くて済む

・耐火性能を求められる壁には不向き

・強度はRCやALCに比べると弱い

・石膏ボードは水に弱い

表層は石膏ボードであることはLGS壁と同じなので、特徴も基本的には似たような感じになります。

違うのは、耐火性能を求められる壁の場合に、木下地壁を採用することが難しい、という点でしょう。

耐火性能が必要なのに燃えやすい木を下地にするのは、適材適所の考え方からあまり適切とは言えません。

そうした場所にはRC壁やLGS壁を使用して、もっと手軽に作りたい壁に木下地壁を採用する。

そんな使い方が良いんじゃないかと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ