スイッチなどを埋め込む場合に


前回はコンクリート化粧打放し仕上の壁が持っているリスクとして、外壁の場合は内側に断熱材を施工できないという点を挙げました。

断熱材の有無というのは、建物を快適に利用できるかどうかを左右する、かなり大きな要素になります。

意匠を優先した場合、その重要な要素である断熱材の施工がやりにくくなる、というのは大きな問題だと私は思っています。

特に自宅の居間など毎日過ごすような場所であれば、デザイン性よりも快適さを追い求めた方が良い。

少なくとも私は建物に対してそういう考えを持っています。

もちろん考え方は人それぞれですから、刺激的な空間に住みたいと思う方がいてもおかしいとは思いません。

でも、やっぱりデザインというのは機能を満たして始めて検討されるべきものではないか……と思ってしまいます。

私の自宅であれば、別に石膏ボードにクロスでも構わないので、冬に寒かったり結露などがない空間としたいものです。

と、前回紹介した問題点にはまだ残りがありました。

・コンセントやスイッチなどを埋め込むのが大変

・材質としては冷たくて固い

壁としての質感の冷たさはさておき、今回はスイッチ関連の埋め込みについてもう少し考えてみたいと思います。


■スイッチの埋め込み

どの部屋でも良いんですけど、夕方とか夜に部屋へ入った時には、まず照明のスイッチを入れると思います。

まあ自宅であれば、天井からぶら下がっている照明器具から紐が出ていて、それを引っ張って照明をONにする場合もありますが。

最近の建物であればそうしたレトロなことはなく、部屋の入口付近にスイッチが設置されていることが普通でしょう。

そしてこれも当然のことですが、スイッチやコンセントというのは、壁の中に埋め込まれている場合がほとんどです。

こんなイメージです。

 

スイッチが埋め込まれている例

 

しかし上記写真はあくまでも一般的なスイッチのイメージで、石膏ボードの壁に埋め込まれた状態です。

コンクリート化粧打放し仕上の場合には、スイッチを壁に埋め込むのがかなり大変になってくるんです。

 

■位置が決まるかどうか

壁にスイッチを埋め込むのが難しい理由は、単純にコンクリートを打設した段階で壁仕上が決まってしまうからです。

コンクリートを打設する段階で、もうスイッチやコンセントの位置を決めておき、打設時にボックスを埋め込んでおくしかない訳です。

コンクリート打設は工事の序盤ですが、その段階でプランはともかく、スイッチやコンセントの位置まで確定しているかというと……

なかなか難しいと言うしかありません。

そして、スイッチ位置の変更も簡単には出来ないので、検討に検討を重ねて「ココに入れる!」と決めないといけない。

しかも工事の序盤に。

というあたりが、表面の仕上がりクオリティという問題とあわせて、コンクリート化粧打放し仕上を難しくしている要素なんです。

と、問題点を今まで色々と書いてきましたが、次回からはそれでも採用する場合に、検討すべきポイントについて考えてみたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ