GL工法の特徴を考えてみると


コンクリートの壁下地に石膏ボードを張る納まりにも、幾つかのバリエーションがあります。

その中で、恐らく最もオーソドックスで採用されやすい「GL工法」を前回は紹介しました。

GLボンドを使ってコンクリート面に接着する工法は、多く採用されるだけあって、色々なメリットがあります。

もちろんその反面デメリットもある訳ですけど……

そうした特徴をしっかりと掴んでおき、採用する場所をきちんと選べば全く問題にはなりません。

これはどんな仕上材でもどんな工法でも、同じような話が言えるんじゃないかと思います。

デメリットという表現をすると、何となくダメな部分というイメージがつきまといますけど、実際にはそんなことはありません。

特定の条件になった場合に、その工法は適さないというだけの話で、それはその工法の特徴というだけの話です。

と言うことで、今回はGL工法の良いところとそうでもないところ、その特徴について色々と書いてみたいと思います。


■GL工法のメリット

GL工法の良いところを考えてみると結構あって、項目を挙げていくと以下のような点があります。

・改めて下地をつくる必要がない

・その為低コストで施工可能

・コンクリート面から石膏ボード面までが少なくて済む

・下地精度にが悪くても調整が可能

と言うことで、手軽であまりコストが掛からず、なおかつ壁厚があまり厚くならないという特徴がある訳です。

何だか良いことずくめな感じですが、だからこそ多くの建物で採用されているのではないかと思います。

もちろん良いことだけで終わる訳ではないので、そのあたりが問題ではあるんですけど……

 

■GL工法のデメリット

次にGL工法のデメリットですが、こちらも結構あります。

・湿気に弱い為、地下や浴室などには不向き

・高さ制限がある(3m以下程度)

・遮音性能が低下する為、住宅の界壁には不向き

・LGS壁と連続する場合はひび割れが起こる可能性が高い

・下地から仕上面までが狭い為、スイッチ等の埋め込みが難しい

こんな感じで、色々とGL工法が適さない部分がある、と言うことが見えてきたと思います。

GL工法というのは、GLボンドでコンクリートと石膏ボードを密着させる工法ですが、この状態は振動を通しやすい状態なんです。

音というのは空気の振動ですから、GL工法で遮音性能が低下する理由はそのあたりにあります。

その為、住宅と住戸の間にある壁にGL工法を施工すると、建物が完成した後でクレームの原因になりかねません。

後で大変な目に遭わないよう、LGS下地壁の遮音性能がある壁を選択することをオススメします。

とは言っても、使うべきではない場所を決めさえすれば、GL工法は有効な仕上であることは間違いありません。

次回はもう少し具体的に、GL工法の納まりがどうなっているのかを考えてみたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ