床仕上げを検討するタイミング

床仕上げ材によって厚みと施工の為の寸法が違っていて、それでも仕上げ材の表面はフラットになっている必要がある。

こうしたバリアフリーの状態を実現する為に、まずは図面上で色々な検討が必要になってきます。

まあこれは基本的に設計ではなく、施工段階で細かい検討をする部分ではありますが……

コンクリート床レベルや梁レベルにも影響を与えるので、ある程度は検討をしておく必要があります。

設計段階である程度の検討が出来れば、施工段階ではそれを具体的にいくつにするのかを決めるだけで済みます。

それが一番スムーズなやり方じゃないかと思います。

それが出来ていないと、床レベルを下げる必要が発生して、それに付随して梁も下げる事になったりします。

そうすると、下げざるを得なかった梁が下がり過ぎてしまい、下階に梁型が見えてしまうなど、他の部分にも影響が出てしまいます。

そうならない為にも事前の検討が必要なので、そのあたりは図面上でサッと済ましておくことをお勧めします。

・コンクリートは工程の序盤になる

・だから事前にきちんとした検討が必要

あと残った検討項目は二つですが、最後の一点は読んで頂ければ分かるように、ほぼ結論を書いているだけ。

今回で説明は終わると思うので、あと少しだけお付き合いお願いします。

続きを読んでみる »

床仕上げは基本的にバリアフリー

床仕上げ材の下地は基本的にコンクリートで、仕上げ材の厚みはそれぞれの仕上げ材で色々な厚みがあります。

そして厚みにプラスして、施工方法によっては施工の為のスペースが必要になる場合もある。

前回はその床仕上げで検討しておくポイントの中で、そのあたりの内容を説明してみました。

残りはあと少しですが……

・床を貼った後で段差になるのはNG

・コンクリートは工程の序盤になる

・だから事前にきちんとした検討が必要

これらの項目がまだ残っているので、今回は仕上げ材と床表面の段差について考えてみたいと思います。

続きを読んでみる »

床仕上げ材の厚みを調べてみる

前回は床仕上げの納まりポイントについて簡単に説明をしましたが、今回はその続きです。

・床下地はコンクリート

この項目だけしか前回は説明出来なかったので、今回は以下の点についても考えてみることにしましょう。

・仕上材の厚みは材料によって様々

・床を貼った後で段差になるのはNG

・コンクリートは工程の序盤になる

・だから事前にきちんとした検討が必要

続きを読んでみる »

床納まりのポイントと床下地

前回は代表的な床仕上げ材を簡単に紹介しました。

詳しい納まりについてはそれぞれの項目で解説をしますが、まずは何となくでも雰囲気を感じて頂ければと思います。

こうした仕上げ材にはそれぞれ特徴があって、部屋の用途やグレードなどによって何を採用するのかは変わります。

もちろんコストも考慮に入れて仕上げ材を選定する訳ですが、そうして仕上げ材を決めたら、後は納まりを検討する必要があります。

当然の事ですけど、床仕上げ材が変わったら下地の状況も変わる訳ですから、これは結構重要な部分なんです。

と言うことで、今回は床の納まりで気をつけておきたい部分やポイントについて書いてみたいと思います。

続きを読んでみる »

床仕上げ材の代表的な例

建築の納まりを検討する中で、床仕上げについては出来るだけ早めに検討しておく必要があります。

そんな話を前回はしました。

床下地というのは人が上に載るという性質から、どうしてもコンクリートで施工をせざるを得ない部分。

だから早めの検討が必要で、それは単なる床コンクリートのレベルだけの話ではありません。

例えば最近多い鉄骨造の場合には、床コンクリートのレベルを下げるということは、鉄骨梁のレベルにも影響を与えます。

そうなると、鉄骨梁を下げるということは、取り合う柱のダイアフラムに影響を与えてしまうということ。

まあ詳しい話は後で図を交えて説明しますが、床コンクリートのレベルを変えるのは結構大変なことなんです。

RC造であればもう少し楽ですけど、それでも鉄筋の納まりなどを考えると影響が少ないとは言えません。

ちょっといきなり複雑な話から始めてしまった気もしますが……

まずは手始めに、代表的な床仕上げ材にはどんなものがあるのかを、簡単にではありますが紹介してみましょう。

続きを読んでみる »

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ