床塩ビシートの呼び方を考える

このカテゴリでは、最も一般的な床仕上材として、塩ビ系床シートの特徴と納まりを取り上げます。

最も一般的な床仕上材という表現は、私の個人的なイメージでしかありませんが……

特にデザインを頑張らないような部分は、大抵この塩ビ系の床シートが採用されることになります。

デザインを頑張らないというのは別に悪口でも何でもなくて、通常部分に適した床仕上材という意味です。

この建物はどんな床仕上材を使っているのか、この建物はなかなか良い材料を使っているな、などなど。

一般の方であれば、そうした部分を気にしながら建物を利用することは、ほとんどないと思います。

でも、床仕上材を気にしないで建物を利用するということは、特に違和感を感じていないとも言えます。

そうした違和感を感じない仕上げ材の一つが、今回紹介する塩ビ系の床シートということになります。

まずは床シートの呼び方についてですが、ちょっと色々な呼び方が存在するので、最初にそこを整理しておくことにします。


■呼び方は色々

塩ビ系の床シートは非常に一般的な床仕上材ですが、ややこしいのが色々な呼ばれ方があることです。

最初のうちは、微妙な呼び方の違いで何か違うのか、それとも同じ意味なのかが分からなかったりしました。

当サイトでも説明をする際に、様々な呼び方が混在すると分かりにくくなってしまうので、サイト内では表現を統一しておこうと思っています。

まずはどんな呼び方があるのかを上げてみると……・

・ビニル床シート

・長尺シート

・長尺塩ビシート

・床塩ビシート

・塩ビシート

すぐに思いつく限りでも、上記のような表現が使われていて、知らない時には結構混乱しました。

人によってどの呼び方をするのかが違うし、時には同じ人でも場合によって違う呼び方をします。

これが混乱の原因だと思います。

まあ私も同じで、その場その場で思いついた呼び方をするので、もしかしたら相手を混乱させている可能性もありますが。

 

■統一した表現方法

呼び方は色々あるんですけど、要するに塩ビ系の床仕上材で長尺ものですよ、ということです。

塩ビとか床とかシートなどの言葉の順序が変わっただけ、みたいな表現が結構多いです。

ただ、長尺シートという言葉が紛らわしいというか……

これだけちょっと塩ビという言葉が入っていないので、分かりにくい要因になっている気がします。

なぜ長尺シートなのかというと、大抵が1820mm巾でロール状になっていて、長さは18m程度と長いからです。

こんな感じに。

 

長尺シートの例

 

これが長尺シートと呼ばれる要因なんですけど、当サイトでは「床塩ビシート」という表現で統一しようと思っています。

まあどんな表現でも良いんですけど、とにかく表現を統一することが大事なので、ひとまず「床塩ビシート」で進めて行くことにします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ