セルフレベリング材の納まり

床塩ビシートは下地に直接貼る工法がほとんどの為、下地の不陸(平滑でな状態)がそのまま表れます。

もちろんそうならない為に、コンクリートスラブを打設した後で、左官屋さんが補修をするんですが……

目立つ部分でどうしても平滑に仕上げたい場合には、セルフレベリング材の採用も選択肢としてはあると思います。

手間と時間を余分に掛ける分だけコストは増えますけど、最終的な仕上はより綺麗になります。

ただし。

床塩ビシートを採用するような部屋で、どうしても平滑に仕上げたい、と思うような部屋ってある?

そう聞かれると、正直言って私は返事に困ってしまいますが。

例えば病院や学校の廊下などで長い廊下が続いていて、それが窓から入る光によって表面の凹凸が目立ちそう。

そんな場所であれば、設計段階でセルフレベリング材を見ておいても良いんじゃないかと思います。

もちろんコストとの相談なので、最終的にセルフレベリング材を施工するかどうかは別の話ですけど。

今回はそんなセルフレベリング材を採用する場合、どんな納まり断面図になるのかを紹介してみたいと思います。


■コンクリートスラブ天端

セルフレベリング材を施工する場合、コンクリートスラブと床塩ビシートとの間に別の材料が入ることになります。

だから、コンクリートスラブの天端レベルは、あらかじめ少しだけ下げておく必要があります。

大体10mmくらい下げておけば大丈夫です。

もちろんセルフレベリング材の厚みが増えれば材料費が増えるので、ギリギリを狙うという考え方もあります。

その場合は5mmとかでも良いんですけど、これは図面上では5mmでも大丈夫、という話です。

コンクリートスラブの不陸が5mm以上と大きい場合、セルフレベリング材の施工厚が不足することになります。

せっかくセルフレベリング材を施工するのに、床の不陸が解消しないのは勿体ないので、やはり10mmは見ておいた方が安全です。

 

■セルフレベリング材の断面図

かなり高い精度で床のレベルを出すことが出来るので、以前話に出た仕上天端でFL±0にすることも可能です。

その場合の内訳は、コンクリート天端レベルがFL-10、セルフレベリング材の天端レベルがFL-2、床塩ビシート天端がFL±0になります。

断面図だとこんな感じです。

 

セルフレベリング材の納まり

 

もちろん、精度が比較的高めとは言っても、上図のような完璧な水平というのは難しいです。

でも、肉眼で見て「これは水平だな」というレベルにはなるので、かなり綺麗に仕上がります。

ちなみに、セルフレベリング材を施工する際には、こんな感じで材料が広がっていきます。

 

セルフレベリング材の施工状況

 

これを均しておけば、材料の流動性が高いので、後は自然に水平になってくれるという仕組みです。

こうした性質を持った材料を施工する為、常時強風が吹き込んでくる場所などでやると上手くいきません。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ