コンクリートを見せる場合は


コンクリートを下地とした壁の納まりは、大きくいくつかの種類に分けて考えることが出来ます。

そんな分類を話はしてみましたが、微妙に表現は違いますが、もう一度その種類を確認してみると……

・コンクリートが見える場合

・石膏ボードを張る場合

・石膏ボード以外を張る場合

という感じになります。

前回はもう少し長めの表現をしましたが、短くてシンプルな表現の方が分かりやすいですね。

「石膏ボード」と「石膏ボード以外」に分類したのは、割合としては石膏ボードが多いという点がまずあります。

あともう一つは、石膏ボード以外の納まりを考える場合、石膏ボードとは全然納まりが違ってくる、というのも大きな理由です。

それぞれの納まりで考えるべきことは色々とあるので、まずはコンクリートが見える場合の納まりから順番に説明をしていきましょう。


■綺麗に見せるかそのままか

前回も取り上げましたが、コンクリート壁がそのまま見えてくる納まりの場合、2種類の考え方があります。

・デザインとしてきちんと見せたい場合

・下地がそのまま見えても良い場合

上記の考え方はかなり両極端ですが、コンクリート面を見せる場合には、中途半端な状態というのが難しいんです。

綺麗に見せるかそれとも見映えが悪い状態のままか、という選択を施工する前に考えておく必要がある。

これがコンクリートを見せる場合の大きな特徴になります。

デザインとして見せたい場合には、納まりをしっかりと検討しておき、施工する際にもしっかり気を配る必要があります。

一方で、特に意匠的に頑張らなくても構わない場所であれば、コンクリートの壁としての性能を満たしていればOK。

この違いは非常に大きいので、まずはその区分によって、どこに気を配れば良いのかの検討が必要になります。

 

■序盤で仕上を考える必要がある

建物を施工する準備段階から竣工までの流れの中で、壁仕上工事というのはかなり後半に出てくる項目になります。

まずは構造体と呼ばれる骨組みを造ることが先で、骨組みが出来てからそれを隠すための化粧をしていく、という流れが一般的です。

どちらかと言えばコンクリート壁は骨組みに近い存在なので、コンクリートを打設していく工事というのは結構序盤に位置する項目です。

まずはコンクリートで骨組みを作って、外周のサッシュなどを取り付けて、雨が内部に入らない状態を目指す訳です。

それが出来た後で、ようやくLGS壁などの間仕切り工事に着手する事が出来るようになります。

もちろん上下階の床コンクリートが出来上がった時点で、理屈的には壁の施工を始めることが出来ますが……

内装壁で多く用いられる石膏ボードは水に濡れるとダメになるので、無理をする必要がなければ、まずは外周をまとめる事が先なんです。

しかし、コンクリート化粧打放し仕上というのは、その骨組みを施工する段階で壁を仕上げなければならない。

このあたりの時期的な部分が、コンクリート化粧打放し仕上の難しさのひとつと言えるでしょう。

難しさの原因はもうひとつありますが、これは次回に改めて書きたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ