パネコート900の納まりを考える


コンクリート化粧打放し部分を検討する際には、型枠の割付とセパ穴の割付が必要になってきます。

と言うことで前回は、パネコートの規格サイズが600×1800の場合、一般的にはどんな割付になるかの例を挙げてみました。

建物は広い面の壁だけしかない訳じゃなく、凹凸や開口などもあって、なかなか理想的なモジュールの割付は難しい。

それでも、セパ穴の割付を検討するにあたっては、基本的な方針があるのとないのとでは全然違います。

基本方針がしっかりと固まっていないと、いくら長い時間をかけて検討しても、あまり効果がないですから。

そうした方針をベースとして、開口があったり目地があったりする部分をどう考えていくのか、という部分を考える訳です。

これは以前にも同じ事を書いたと思いますが……

やっぱりこうした検討をコンクリート工事の前段階で完了させるのは、なかなか大変なことなんですよね。

出来ればコンクリートの位置だけをまずは押さえておいて、仕上の細かい納まりはもう少し後でじっくりと検討したい。

これが正直な意見ではないかと思います。

さて、前回は600×1800のパネコート規格サイズで例を挙げましたが、今回は900×1800のパネコートについて考えてみます。

 

■パネコート900の場合

パネコートのサイズを900×1800とした場合でも、基本的な考え方はそれほど大きく変わることはありません。

ただ、600の場合とは少しだけ違い、セパ穴のピッチは450にする方が納まりは良いかも知れません。

標準パターンはこんな感じになります。

 

セパ割の一例(900)

 

もちろんセパ穴600ピッチでも納まらないことはなく、下図のようなパターンの繰り返しになります。

 

セパ割の一例(ピッチ600)

 

セパ穴のピッチが大きくなると、型枠がコンクリートの圧力に対抗する力が弱まってしまいます。

なので、ある程度ピッチを飛ばしたい場合には、それで型枠が持つかどうかを検討する必要はあります。

 

■パネコートを横に張った場合

セパ穴ピットはどちらが良いかとか、横と縦のピッチが同じである必要はないとか、そういう感覚は設計が決めることです。

まあ正直いって建築に携わっていない方は、セパ穴の位置とかピッチなど気にしない可能性は大ですが……

それでも見た目に拘って検討するのが建築のプロなので、より良い見た目を目指して色々と悩むんですよね。

ちなみに、900×1800のパネコートを横に配置する場合には、こうしたパターンが一般的な納まりとなります。

 

セパ割の一例(ピッチ900横)

 

色々なことを犠牲にして採用するコンクリート化粧打放し仕上ですから、やる場合には事前にきちんとした計画を立てておく。

そして、たかが割付などと言わず、検討も全力で進めていくという姿勢が良いんじゃないかと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ