床塩ビシートの基本断面図

前回は床塩ビシートの基本納まりがどうなるのか、というあたりの話を取り上げました。

下地はコンクリートスラブが多いけれど、時には二重床納まりになる場合もある、という話ですね。

基本的に接着剤で貼っていく仕上になるので、きちんとフラットになっていれば下地は何でも大丈夫。

この「フラットになっているか」という部分が、コンクリート下地としては結構大変だったりするんですが。

まあそれはもう少し後で取り上げることにして、今回は基本的な断面図がどうなるのか、という話ですね。

今回は床塩ビシートの納まりについて、断面図を交えてもう少し詳しく説明をしていきたいと思います。


■基本断面図

ビニル床シートの厚みは商品によって違いますが、2mm~3mmの間の商品がほとんどです。

性能やグレードによって厚みは色々ですが、それでも違いはそれほど大きくはないので、特に納まりに影響はありません。

床塩ビシートの基本的な納まり断面図としては、大体以下のような感じになります。

 

床塩ビシートの基本断面図

 

床塩ビシートの下地は、先程も書いたように、必ずコンクリートという訳ではありません。

しかし最も多いのは、やはりコンクリートでしょう。

マンションなどで二重床にする場合は結構多い、という話をしましたが、事務所ビルのOAフロアにはあまり適しません。

なぜかというと、床塩ビシートは接着剤できっちりと貼る為、簡単に剥がすことが出来ないという理由があるからです。

OAフロアを施工する理由としては、事務所のレイアウト変更などで、後々配線を変更することが挙げられます。

しかしOAフロアに床塩ビシートを施工すると、後で配線などを変えたくなった場合でも、それが簡単に出来ません。

配線を変える為には床を剥がす必要がありますが、ビニル床シートを剥がすのは大変だし、戻すのはもっと大変なんです。

なので、OAフロアの場合はビニル床タイルとか、カーペットタイルを採用することになります。

 

■二重床の場合

OAフロアでは採用しませんが、二重床の上に床塩ビシートを貼る場合は結構多いです。

その場合の納まり断面図は以下のような感じになります。

 

二重床の場合の床塩ビシート納まり

 

コンクリートスラブのレベルを下げて打設しておき、そこに二重床を施工して、合板を貼った上に床塩ビシートを貼る。

マンションに住んでいる方であれば、こうした納まりになっている可能性はかなり高いです。

あまり意識はしないと思うし、別に意識をする必要もないとは思います。

多少下地の違いによって歩行感が違ったりするので、気にする人は気になるかも知れませんが……

個人的にはその違いは本当に些細なものだと思っています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ