タイルカーペットの納まりとは


タイルカーペットという床仕上げ材がどの程度のグレードで、どのような用途の建物で採用されるのか。

前回はそのあたりの話を取り上げてみました。

とは言っても、話としては別にタイルカーペットメーカーの見解でも何でもなく、私のイメージでしかないですけど。

私が今まで仕事をしてきた中でのイメージでは、そんなに悪くないグレードだけど、ハイグレードでもない位置にいる仕上げ材です。

私個人としては、色のバリエーションも多くて使い勝手の良く、見映えも良い床仕上げ材だと思っています。

と、色々と書いたところで、結局は私自身が持っているイメージでしか語ることが出来ないんですよね。

これは読んでいる方でも一緒ですから、まずは自分の目で色々な仕上げ材を見て触ってみることが大事です。

自分の目で見て手で触れてみることで、その仕上げ材が自分の中でどんなイメージなのかが分かってきます。

私が持っているイメージについてはこのくらいにしておき、今回はタイルカーペットの納まりについて考えてみましょう。

こちらは私の意見という訳ではなく、ごく普通の一般的な納まりについて紹介することが出来ます。

タイルカーペットを採用する場合にどんな納まりになるのか、まずはしっかりと押さえておくことにしましょう。


■タイルカーペットの納まり

タイルカーペットの納まりについてですが、これは特別悩むような納まりではなく、かなりシンプルです。

考え方は以前紹介した置敷ビニル床タイルとほぼ同じで、下地の上に接着剤で貼っていく形になります。

当然納まりもビニル床タイルと同じで、問題は下地が何になるかを考えるだけという感じになります。

納まり断面図としては、ちょっと使い回し感がありますけど、同じような納まりだから仕方がないですよね。

まずは床下地がコンクリートの場合。

 

タイルカーペットの納まり

 

これが最も一般的なタイルカーペットの納まりになるので、まずはこの基本パターンを覚えておきましょう。

 

■OAフロアの場合

タイルカーペットは大きさが50cm四方の製品なので、部分的にはがすことが可能という特徴を持っています。

丁度OAフロア1枚のサイズと同じくらいの大きさなので、床下の配線を変える時に部分的にはがすことが出来る床材は重宝します。

だからビニル床タイルとかタイルカーペットなど、小さい床材を並べて敷き詰めるタイプの床材がOAフロアの上には採用されるんです。

ということで、床下地がOAフロアになった場合のタイルカーペットは、以下のような納まりになります。

 

OAフロア上のタイルカーペット

 

まあこれもビニル床タイルとほとんど同じ納まりになりますが、強いて違いを挙げるとすれば床材の厚みですね。

タイルカーペットの厚みはグレードによって色々ですが、6mm~7mm程度が最も多い厚みとなります。

ビニル床タイルよりも若干厚さがあって、クッション性も少し高めになっているのがタイルカーペットの特徴です。

それより分厚いタイプもありますが、そうなると少しフカフカした踏み心地になって、その分やや高級グレードになります。

納まりとしては厚みが違うだけで他は変わらないので、基本的な納まりをここで覚えておきましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ