壁に求められる性能とは何か

前回紹介した木下地壁で、ひとまず大雑把な壁の分類とその特徴についての説明は終わりました。

細かく考えていくとまだ色々とありそうな気もしますが、最初から細かい部分ばかり考えても進みません。

まずはざっと全体的に説明をして、足りない部分を追加していくようなやり方の方が楽だと思います。

説明している私も、きっと読む方も。

木下地壁についての補足をすると、マンションやホテルなどの独立した部屋の中で、内部の間仕切りとして使われることが多いです。

例えばマンションで考えると、502号室と503号室とを区切る壁については、遮音や耐火性能を考えてRC壁やLGS壁が採用されます。

しかし502号室の中で、居間と寝室を区切る壁などは、木下地になっている場合が多い、というイメージです。

今現在これを書いているのは私の書斎ですが、書斎と寝室を区切る壁も木下地壁で出来ています。

石膏ボードを1枚しか張っていないので、文字入力をする音が寝室に丸聞こえという問題はありますが……

コストメリットはそれなりに大きかったので、今さら音がウルサイとか苦情を言うわけにもいかない状態です。

まあ言うほど困ってはいないので苦情を言うつもりもないですけど。

壁についての大まかな話はこれで終わりとなる為、今回は簡単に全体をまとめてみたいと思います。

続きを読んでみる »

木下地壁の特徴とは

建物内部でよく使われる壁の種類であるLGS壁、その特徴とイメージについて前回まで色々と話をしてきました。

私の長い説明よりも、「これです」という写真を見た方が、頭の中でイメージしやすいのではないでしょうか。

LGS壁というのはどんなやり方で施工をしていくのか、その為にはどんなことに気を配っていけば良いのか。

その辺りの知識を持っていると、実際にLGSを建てたり石膏ボードを張ったことがない方でも、問題なく室内の平面図を描くことが出来ます。

こうして説明をしている私自身も、現場でLGSを建てたことなどないので、別に経験がなくても大丈夫。

正しい知識さえあれば。

図面というのはあくまでも机の上で検討した事が書類になっている状態で、必ずしも現場とイコールである訳ではありません。

でも、納まりに関する知識を深めることによって、図面と現場をほぼイコールにすることは可能です。

設計や施工で図面を描く立場にあるプロであれば、そこまでの図面を描くことが出来た方が有利になります。

作図する図面の種類によっては、そこまでのクオリティを必要としない図面もありますが……

それでも知識が全然ないよりも、知識が多い方が有利になるはずなので、色々と覚えておくことは無駄ではないはずです。

さて、LGS壁についての話はこのへんにしておき、今回は木下地の壁について簡単に説明をしてみましょう。

続きを読んでみる »

LGS壁の簡単なイメージ

前回は内壁の中で最もポピュラーな壁である、LGS壁の特徴について簡単に説明してみました。

LGS壁というのは、LGSと呼ばれる薄い鉄で出来た下地に石膏ボードを張って壁を構成するという非常にシンプルなものです。

ただ、どんなサイズのLGSを下地にするのか、どんな厚みの石膏ボードを張るのかなど、組み合わせのパターンは結構たくさんあります。

様々なパターンの中から、求められる性能やコストなどを考慮して、それぞれの部位毎に適した仕様の壁仕様を決めていく。

建物を設計する際には、そうした検討が必要になってくるので、LGS壁の仕様はある程度頭に入れておいた方が良いと思います。

登場回数が多くなることが予想されるLGS壁については、もう少し詳しく知っておく方が良いはず、と言うことで……

今回はLGS壁がどんな状態になるのか、写真を交えてもう少しだけ詳しく説明してみたいと思います。

続きを読んでみる »

LGSと石膏ボードのコンビ

さて、壁の大まかな区分とその概要について色々と書いてきましたが、意外にも結構長い話になってしまいました。

これからさらに細かい話をしていくつもりなんですけど、まだこれで前振りの段階なんですよね。

もう少し話のペースを上げて行きたいところです。

工場制作ものについての話をするつもりはなかったんですけど、まあ話の流れということで。

壁の種類は残すところ「LGS壁」と「木下地壁」で、これらの特徴について説明が終わり次第、個別の話に進んでいく予定です。

と言うことで今回は「LGS壁」の説明をしていきますが、基本的な考え方は「木下地壁も」ほとんど同じなんです。

ただ下地の材質が違うだけなので、LGS壁の納まりを覚えることが出来れば、木下地壁も覚えたのと同じ。

そうした話を踏まえて、まずはLGS壁がどんな特徴を持っているかについて考えてみることにしましょう。

続きを読んでみる »

標準サイズが決まっていると……

あらかじめ細かい図面を作図して検討を行い、その結果決まった寸法で工場製作をかけていく。

そうして出来上がった製品を現場で製作することで、工事はスムーズに進んでいくことになります。

ただしそうする為には色々と大変な部分もありますよ、という話を前回は取り上げてみました。

これはALCや押出成形セメント板に限った話ではなく、全ての工場製作品で同じようなことが言えると思います。

もちろん鉄骨も同じ。

全然知らない工事現場などを見ていると、鉄骨が立ち始めたら一気に建物が出来ていく、という感じがします。

でもそうして鉄骨を建てる前には、納まりを検討する担当者の苦労が色々とあるものです。

そして検討が足りないと、必要な部分に下地やピースが付いていない、ということになって、現場で溶接という残念な話になる訳です。

逆に、きちんと検討が出来ている状態で、適切に工場への発注が完了している現場は、後でかなり楽が出来るはずです。

事前の検討がどこまで出来ているか、という部分が勝負になるので、やっぱり納まりを色々と知っておくことが大事になってきます。

さて、今回はそんなALCや押出成形セメント板についての話を、あと少しだけ続けてみたいと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ