床塩ビシートの基本納まり

前回は、床塩ビシートが床仕上材としてどのような特徴を持っているのか、という話を取り上げてみました。

色々な場所で採用される床仕上材だけあって、様々なメリットを持っている床材だと言えるでしょう。

意匠性についてはやや弱い部分もありますけど、機能を重視する部屋というのは結構たくさんあります。

カーペットが持っている意匠性よりも、床塩ビシートが持っている耐水性が求められる場合も多いはずです。

例えば浴室の手前にある脱衣室などでカーペットを採用すると、最初は見栄えが良く感じるかも知れません。

しかし毎日少しずつ濡れる場所なので、拭き取りが出来ないカーペットはすぐに汚れてしまうでしょう。

そうなれば、結局見映えの良さはすぐに失われてしまい、耐水性も意匠性もない床仕上材という事になってしまいます。

そうならない為にも、その部屋が求めている条件を満たした床仕上げ材を選定していく必要がある訳です。

そうしたことを考えていくと、高い機能性とそこそこのデザインを持っている床塩ビシートの出番は結構あるんです。

ということで、今回は引き続き床塩ビシートについての話で、基本的な納まりがどうなるかを考えてみることにします。


■床塩ビシートの納まり

床塩ビシートは、長尺シートという別名がある通り、長い材料がロール状になっている仕上材です。

材料の厚みは2mm程度と薄く、ある程度の柔らかさもある為、カットなどの加工は比較的容易です。

このあたりが、床塩ビシートが施工性に優れていると言われる大きな要因ではないかと思います。

そんな床塩ビシートの納まりですが、まずは下地がどうなのか、というあたりから考えてみると……

床塩ビシートの下地として主に使われるのは、コンクリートスラブが恐らく圧倒的に多いはずです。

ロール状になった床塩ビシートを、床下地として施工してあるコンクリートスラブに接着剤で貼っていく。

これは床塩ビシートの基本納まりになります。

 

■マンションの場合

コンクリートスラブの直接接着剤で床塩ビシートを貼っていく、というのが基本的な納まりになる。

これは先程も書きましたが、もちろん例外もあります。

マンションなどでは、コンクリートスラブをあらかじめ下げておくことが多い為、コンクリート下地にはならない場合があります。

その場合はコンクリートスラブの上に二重床を施工して、その上に床塩ビシートを貼るという納まりになります。

二重床の上に貼られた合板が下地となり、そこに床塩ビシートを接着剤で貼る、というイメージはこんな感じです。

 

二重床の基本断面

 

配管のスペースなどを考えると、床下にスペースがあるというのはかなり大き案メリットなんです。

だから結構二重床納まりというのは、特にマンションでは多くなるはずです。

下地は何であれ、その下地に対して接着剤で床塩ビシートを固定する、という流れが基本ですね。

接着剤の種類は下地の状況によって様々ですが、納まりにはあまり関係ないので、気にしなくても良いかなと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ