タイルカーペットとは


前回は、タイルカーペットの特徴とか納まりを説明する前に、なぜかOAフロアの話をしてしまいました。

まあタイルカーペットとOAフロアは結構深い関係にあるので、決して無駄な説明ではありませんが……

あくまでもメインはタイルカーペット。

今回はあまり脱線をしないようにして、きちんとタイルカーペットについての説明を進めたいと思います。

もちろん、タイルカーペットの納まりを考える際には、恐らくOAフロアが下地になる場合の納まりもあります。

だから先程も書いたように、決して無関係な話ではないんですけど、今回は下地ではなく仕上げ材についてメインで考えていきます。

下地が違う場合の納まりについては、タイルカーペットの納まりを説明をする際に紹介することにしましょう。

それよりも前に、今回はまずタイルカーペットの特徴や概要について考えてみることにします。


■タイルカーペットとは

タイルカーペットというと、「タイル」と「カーペット」という言葉が登場するので、一瞬どっちなのかが分からなくなりそうです。

陶器質や磁器質のいわゆる「タイル」なのか、それともやっぱり繊維で構成されたカーペットなのか。

まあ「カーペット」と名前が付く訳ですから、陶器質のタイルであるはずもない、というのは分かるか……

タイルカーペットというのは、カーペットを巻いた状態ではなくて、小さめの四角形にした商品のことを指します。

小さめの四角形では分かりにくいかも知れませんが、要するにタイル状にした製品をタイルカーペットと呼ぶんです。

ちなみに、呼び方はタイルカーペット、カーペットタイルどちらの表現も使われていて、どちらでも通用します。

とは言っても、混在したまま使うのはちょっと紛らわしいので、当サイトではタイルカーペットで統一します。

もちろん特別なこだわりがある訳ではなくて、単純に紛らわしくないようにという目的があるだけ。

実際に仕事をしている際には、どちらの呼び方をするかなどを決めずに適当に使っています。

それでも通じるので、それで特に問題はないんですよね。

 

■タイルカーペットのサイズ 

タイル状になったカーペットを「タイルカーペット」と呼ぶ訳ですけど、タイル状というのはどの程度の大きさなのでしょうか。

まあこれは「製品によって多少違う」という話もあるんですけど、規格品ですから、ある程度は決まっています。

タイルカーペットのサイズとしては、一般的には500mm×500mmが多いです。

ほとんどが50cm角という規格で造られている、と言った方が正解かも知れません。

そんな訳で、一般的なタイルカーペットの見た感じとしては、1枚がこんな状態になっています。

 

タイルカーペットの模様

 

これを1枚ずつ並べて敷き詰めていく、という使い方が一般的というか通常という感じですね。

 

タイルカーペットの施工状況

 

上図では色の違うタイルカーペットを並べていますけど、一般的には同じ色と柄のものを並べる場合が多いです。

タイルカーペットの貼り方については、次回にもう少し詳しく説明をしたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ