片側から施工するメリット

前回はLGS壁の性能を紹介していく中で、耐火遮音性能と耐火性能があるという話をしました。

耐火性能が必要な壁は建物の規模や場所によって様々ですが、国が定めた建築基準法によって決められているものです。

建物のデザインも確かに重要な要素ですが、私はそれ以上に性能が重要だと考えています。

求められる性能を満たしつつ、デザインにも優れた建物というのが理想的ではないかと思います。

そしてそれ以上に重要な要素として、決められた法律を遵守した建物を建てるという話もあります。

そうした要素を満たす為には、耐火性能を持った壁というのは使わずに済ますことは出来ないものだと言えるでしょう。

と言うことで、今回はもう少し耐火性能を持ったLGS壁について説明をしていきたいと思います。

続きを読んでみる »

遮音耐火壁と一般耐火壁

耐火間仕切りには色々な種類があって、建物の用途と壁の使用目的に合わせて選定することが出来るようになっています。

遮音性能が必要な部屋に耐火間仕切りを設ける場合や、それよりもコストを重視したい場合など、シチュエーションはさまざま。

それよりも施工性を一番に考える必要がある場合などもあって、LGSの耐火壁と言えばこれ、みたいなものはありません。

そういう「誰が考えてもこれを選ぶしかない」というスタンダードがあると、確かに仕事は楽になりますよね。

だけどそうなった瞬間に、仕事としての面白みは半減してしまうのではないかと思います。

色々な要素を考えて、その結果として選択される回答。

もちろんそれが最善かどうかの保証はなく、今までの自分の経験や、会社が積み重ねてきたノウハウをフル活用して最善を目指す訳です。

時にはそれが間違っている場合もあるかも知れませんが、そうした流れが仕事の面白みではないでしょうか。

考えた末の間違いであれば何が原因だったのかがすぐに分かるはずで、それを覚えれば次回は同じ失敗をしにくくなります。

そうした学びもやはり仕事の醍醐味ではないかと思います。

と、ちょっと話は逸れてしまいましたが、数ある選択肢の中から今回は代表的なLGS耐火壁をいくつか紹介してみます。

続きを読んでみる »

防火区画で必要な耐火壁

耐火壁が必要になる部分の条件はいくつかありますが、最も一般的なのが一定の面積ごとに区画をする「面積区画」、そして階段やエレベータなどを区画する「竪穴区画」です。

この2種類を押さえておけば、防火区画についてはある程度知っていると言っても問題ないと思います。

他にも色々な条件で必要になる防火区画はありますが、細かく解説をしていける程の知識が残念ながら私にはないので、「他にもあります」と言うだけにしておきます。

建築基準法に目を通してみるとわかりますが、これが本当に本当に複雑なつくりになっているんですよね…

色々と試行錯誤をしていくとあの形式になるのかも知れませんけど、とにかく読みづらい構成になってます。

増築工事を何度も繰り返した古い旅館のように、どこにいけば目的の情報が取り出せるのかが本当に分かりにくい。

それを頭に入れる、もしくはその場で欲しい情報をスムーズに取り出せる人を設計者と呼ぶのでしょう。

とは言っても、もう少し分かりやすい表現を使って欲しい、とどうしても思っていまいます。

と、そんな話はさておき、耐火壁の話をもう少し続けましょう。

続きを読んでみる »

LGS壁に求められる性能-2

建物を快適に利用する為、時には隣の部屋から音が聞こえない、あるいは聞こえにくい状態の部屋が必要になります。

どんな区分でそうした部屋をつくるのかは、設計をする段階できちんと練っておく必要があります。

もちろん建物を建てる施主の考えも重要ですので、それらを満たした状況までもっていく事が第一段階です。

ここまでが「設計」ですね。

そして、その壁がどうやって納まってくるか、という検討はそのかなり後のステップになります。

これが「施工」段階です。

もちろん計画段階での検討も重要ですし、きちんと納まるとうに検討する施工も同じくらい重要です。

それらが合わさってはじめて、建物を建てようと考えている施主の喜ぶ建物が出来上がる訳です。

これは遮音だけに限った話ではなく、あらゆる項目で言えることなので、ここで改めて書くのも変な感じですけど……

今回はLGS壁の続きということで、遮音よりもさらに重要な性能である「耐火性能」について簡単に説明をします。

続きを読んでみる »

遮音性能が必要な部屋とは

前回はLGS壁に求められる性能にはどのようなものがあるのか、という話を取り上げました。


・部屋と部屋を区切るための壁

・音を遮断する為の壁


部屋を区切るという性能は壁としては当たり前で、そこにさらに音を遮断する性能を追加する、というようなニュアンスになります。

音を遮断する性能があるか、それともごく普通の壁なのかによって、居室の快適性は大きく変わります。

実際の感覚で言えば、私の家は遮音壁がありませんが、隣の部屋の声は丸聞こえ状態です。

もちろん自宅ですから、特に話す声が隣の部屋に聞こえないように、みたいな配慮は必要ありません。

音楽を聞く時に時々困るくらいですけど、これもヘッドホンを使えば良いだけの話ですから。

要するに「どの部屋に遮音性能が必要なのか」が重要で、全ての壁に遮音性能を付加する必要はありません。

そんなことをしたら余計なお金がかかってしまい、建物を建てる側が喜ぶことにはなりませんから。

必要な場所に必要な性能の壁を設置する、というのがコストと居住性のバランスを考えるとベストだと言えるでしょう。

今回はもう少し遮音壁について考えてみることにして、どんな部屋に遮音壁を使うかを紹介してみます。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ