過去の記事一覧

  1. コンクリートは解体が大変

    LGS壁の手軽さについて考える

    建物を構成する壁の中で非常に多く採用されることになるLGS壁について、その特徴がどこにあるのかを前回は考えてみました。同じく壁種のひとつであるコンクリート下地壁…

  2. 継続が最も難しい

    サイト更新再開のお知らせ

    今日は2013年 11月 11日少し前から仕事が急激に忙しくなってしまい、当サイトの記事を更新するのはかなり久しぶりとなってしまいました。一番最近の記事で 20…

  3. 知識の有無が差を生む

    LGS壁の特徴は何か

    このカテゴリで取り上げるLGS壁について説明をする前段階の話として、まずは「そもそもLGSって何なのか」を前回は考えてみました。ここでもう一度おさらいをすると、…

  4. LGSのイメージ

    LGSとは何かを考える

    前回のカテゴリではコンクリート壁を下地として、その上に石膏ボードを張っていくという一般的な納まりについて色々と説明をしてきました。石膏ボードを張るためにいくつか…

  5. LGS下地を建てる状況

    コンクリート下地+石膏ボードまとめ

    コンクリート壁を下地として、その上に石膏ボードを張っていく場合の納まりにはどのようなバリエーションがあるのか。そう言った内容でこのカテゴリでは色々な納まりについ…

  6. ボード目地のイメージ

    コンクリート壁と縁を切るという概念

    石膏ボードを張る為の下地として利用できるはずのコンクリート壁が、実際にはコンクリート柱と動きが違ってくる。こうした状況は、主に建物の外壁で構造スリットという考え…

  7. ボードに目地を入れる納まり

    スリット部に目地が必要な納まり

    コンクリート壁に対して直接ボンドなどを用いて石膏ボードを張るのではなく、あえて隙間を設けてLGSを改めて下地として建てる。こうした施工方針を採用した場合には、ま…

  8. 最終的には室内を綺麗に見せる目的がある

    コンクリート下地と縁を切る考え

    コンクリートの壁という下地があるにも関わらず、石膏ボードを張る為の下地としてさらにLGSを建てる場合があります。前回は、こうして改めてLGS下地を建てる場合のデ…

  9. 建物内に必要な配管はたくさんある

    コンクリート壁+LGSにする意味

    コンクリートを下地として石膏ボードを張っていく工法の中で、GL工法と比べるとUL工法はなかなか選ばれにくい気がします。これは私の経験からくる個人的な感想ではあり…

  10. コストが大きな問題

    UL工法が選ばれない理由とは

    コンクリート壁に対して石膏ボードを張るための工法として、UL工法の一般的な納まり図がどのような関係になっているのか。前回はそのあたりの具体的な話を図面上で考えて…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 廻り縁のイメージ
  2. 石膏ボードを張った状態
  3. 音を通したくない場合もある
  4. 木下地の一例
  5. アスファルト防水の納まり図
  6. エントランスホールのタイル例
  7. LGSのイメージ
  8. 排水溝の平面図例(改善)
  9. 床仕上げが石の場合
  10. セルフレベリング材の施工状況
  1. 防滑性能が重要

    床-石

    意匠よりも大事な事もある
  2. 建物に必要な窓

    壁-コンクリート

    型枠の割付と開口の関係とは
  3. まずはそれぞれの違いを知ることから

    壁-納まりのポイント

    材料毎に異なる壁の特徴を知る
  4. 建物はメンテナンスによって長持ちする

    図面について

    建物が完成した後の話で
  5. 外部窓の一例

    納まりの区分け

    その他の納まり要素について
PAGE TOP